会社方針

このエントリーをはてなブックマークに追加

桜工務店の特徴

会社方針

 

近年は政府支援制度の充実などの影響でリフォーム工事が盛んになっていく中、総合的なリフォーム工事を行える会社の需要は大きくなっていっております。
というのも、大切な住まいの長寿命化を目指しリフォームをしようと思ったときに必要になってくるのは専門業者一社では補えないことが多々あるためです。例えば塗装屋さんと内装屋さん、例えば屋根屋さんと設備屋さんといったように築15年以上経ってくると複数個所にわたる問題が出てくることが多々あることと思います。

そこで、桜工務店では様々なジャンルに特化した職人が時には職長として、時には手元(お手伝いさんのようなものです)として状況に合わせた役回りを受け持つことによって無駄の少ない総合的な仕事をできることを心掛け、それにより施主様に提供するサービスの品質を向上(工事期間の大幅な短縮、必要経費の削減など)させることを目標としてきました。弊社の職人のその仕事ぶりを施主様や近隣の方々に見ていただいた結果、選んでいただくことができたのではないかと思います。
これからもより一層効率的かつ、高品質な工事を提供し続けていきたいと考えております。


他社との違い

社長

屋根工事や塗装工事などのリフォーム工事を請け負う会社は星の数ほどありますが、そのうちの一体何割の会社が

・施工内容(どのような材料を使い、どれくらいの期間で、どれほどの金額で)
・お客様の要望通り工事を行う(もちろん自社の職人で!)
・工事が終わった後も定期的に点検に伺う(桜工務店では毎年定期点検を行っております)

これらを自社で行うことができるのでしょう。

自分の会社で受けた仕事を、自分の会社で行い、自分の会社で責任を持つ。

現実問題として、お客様から信頼頂いて受けたお仕事を下請け会社に丸投げしてしまい、中間マージンで儲けを出している会社が多いのも事実です。もちろんその費用に値するだけの品質や安心感があればそういった会社に頼むのも、一つの手かもしれません。

ですが、そういった会社で施工されたお客様からよく聞くのは

「数年したら会社がなくなってしまっていた」
「地元の方だと思って仕事を頼んだら他県の方がいらして仕事だけしていった」
「相場よりかなり高い金額で施工してしまった」

といった声が多かったです。あとは「元請けさんとの兼ね合いがあり融通が利かない」なども耳にしますね。

それに比べて自社で施工を行っている会社さんはやはりプロ意識が高い方が多いです。自分の看板で仕事をするのですから、その現場に対する責任感、使命感は大きいですよね。


会社沿革

2014年
株式会社ライズ 東京都港区にて法人化
2014年
千葉営業所開設
2017年
戸建リフォーム専門部署として桜工務店発足
2018年
戸建、ビル等の改修及びメンテナンス請負件数1000棟突破
2018年
一般社団法人優良リフォーム支援協会入会
2018年
リショップナビ加盟
2020年
東京都品川区に本店移転