木更津市 屋根葺き替え工事

このエントリーをはてなブックマークに追加
木更津市にて
前回の続きになります!
残りの瓦を下ろして古いルーフィングシート を撤去、清掃したところです。
所々雨水が侵入していた痕跡が見つけられました
葺き替え工事を提案して正解だったと思います!
今回は少し趣向を変えて桜工務店の工事のクオリティの一例をご紹介します。上記の画像は釘打ち機にて釘打ちを行った一部分になります。墨壺をセットして、、
釘打ちを行った後に墨を打ってみました!
ほぼ真っ直ぐに打てていると思います(^-^)
最近の大工は道具が使えればいいと言われることもありますが、
もちろんその道具に対する練度というものもあります。
良い道具を持っていてもそれをしっかり使えないと宝の持ち腐れになりますからね
勿論ちゃんとした大工さんならみんな出来ることですのでこれが出来るからすごい!というわけではないので誤解はなさらないように願います。
偉そうに言いましたが私は1間(1820mm)合板の縦方向の長さを超えるときは墨を打ってから釘打ちします笑
明日も熱中症に気をつけながら頑張って仕事していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です