千葉市中央区 サイディング工事、シロアリ被害対策

千葉市中央区にて
去年の台風被害により外壁を損傷してしまった為、
外壁の修繕工事を行なっております!
解体して防水紙を貼って胴縁を取り付けいるところ
弱点は板金でカバーしていきます
解体を進めていくとシロアリによって柱、間柱、土台が喰われておりました(T-T)
玄関庇の取り付けが悪く、雨水が侵入していた為
玄関庇の解体とタイルの撤去を行ったところ
やはり柱がかなりやられていました。
この部分はサイディング工事をストップして後ほど補強、防蟻を行います。
その間進めるところは進めていきます!
今回は部分サイディングなので既存との取り合いはお手製の出隅を作って雨漏りしないようにしていきます。
外壁工事は時間と手間がかかりますが仕上がれば印象がガラッと変わって新築みたいに綺麗になるので気合入れて頑張っていきます!

富津市 外壁塗装、雨樋交換、下屋根葺き替え仕上げ後(動画)

富津市にて
外壁塗装の上塗り、雨樋交換、下屋葺き替え後の様子を動画で撮影しました!
最初の方に写っている電気メーターボックスが錆びすぎていて塗装できなかったのが心残りです(>_<)
ですがその他はばっちり塗装できました○
雨樋、屋根もきれいに仕上がっております!
おまけで中塗り作業中に撮影した動画もアップしてみました!

富津市 雨漏り修理 銅板から葺き替え

改修工事中の大雨でこちらの銅板屋根から雨漏りが発生してしまい、急遽改修工事を追加でご依頼いただきました!
まずは銅板をめくっていきます
長手側の解体後
短手側
ルーフィングの劣化が著しいのと、銅板に虫食いのような穴がたくさん空いておりましたのでそちらが雨漏りの原因でした(T_T)
合板を敷いていき、唐草を取り付けます
和風のお家なので裏側は化粧板、屋根垂木が見える状態なので
釘が裏から出てこないようにきっちり垂木に墨を打って合わせて張っていきます
次はルーフィング〜仕上げになります!

富津市 庇改修工事(L型)

かなり傷んでしまっている銅板庇の改修工事になります!
ケラバ、軒先の出が少なかったのでケラバ五分、軒先一寸ほど出して合板を取り付け
唐草取付、ルーフィングを敷いていきます
ケラバを作って
流れ側の雨押さえ
隅棟側の雨押さえ
取り付けすると全然複雑そうに見えなくなりますが
板金の重なり部分はピッタリでカットせずに少し残して折り返してわざと隙間を作って後ほどシーリングで埋めます。
隅棟で隠れてしまう部分ですが雨水が侵入しないように考えながら加工しています
作業スペースが30センチほどでなかなか大変ですが仕上げまでもう少し、頑張っていきます!

富津市 葺き替え工事(仕上げ)

前回の続きになります。
コロニアルをどんどん貼っていきます。
壁水切、けらば、棟
が絡んでいる部分になります。
納め方を考えながらやっていたら暗くなってしまいました泣
翌日、雨押さえを取り付けて
真上に戸袋があるため、棟際は隙間が10センチ程度しかなく
四苦八苦しましたが、なんとか仕上げて工事完了です!

富津市 屋根葺き替え工事(下屋)

富津市にて
瓦のズレ止めの為ラバーロックをご注文頂いた現場になります!
しかしお話を伺ってみると室内に雨漏りもあった様子で、瓦をめくって下地を見ると下葺き材がかなり劣化している状態でした。
施主様からも雨漏りしないように直したいとご要望を頂いたので急遽葺き替え工事に切り替えての工事になりました。
まず瓦を下ろします。
次に中に溜まった枯葉や葺き土を土嚢に入れて下ろしていきます。
急遽でしたので足場もないため慎重に作業していきます。
恒例の写真撮り忘れで一気に役物取り付けまで飛びます笑
一応説明すると、
合板12mmを敷き、唐草水切取付、ルーフィングシートを貼り
ケラバ下地を取り付けて加工したけらば水切を取り付けている様子です
写真はありませんが壁際に貫を入れてルーフィングをしっかり立ち上げ固定しています
(壁際からの雨漏り跡があった為)
次は本体取付からの雨押さえ、棟の取り付け
仕上げになります!

市原市 漆喰壁下塗り

市原市にて
先日下地工事を終えた現場にて左官屋さんに入って頂き、
下塗りを終えました!
上記の画像は仕上げ手前でございます。
ラス網を貼って、
下塗り、
中塗り、
こちらも中塗りです!
あとは乾燥させてから漆喰での仕上げ作業になります!

今年の梅雨は本当に長くて作業が全く進まずに施主様方にはお待たせしていただいておりまして誠に申し訳ありません。
気持ちの上では小雨でもやりたいのですが、職人の安全や、
施工不良の可能性、養生の限界を考えるとここは耐え忍ぶのが
最適解だと信じて葺き替え工事のほうは着工は致しておりません。
この判断が正しいと信じて梅雨が明けるのを耐えておりますm(__)m

木更津市 屋根葺き替え工事

木更津市にて
台風15号で瓦が飛んでしまった屋根の修繕工事になります
シートを剥がしてみると防水シートもなくなってしまっていて大変なことになっていました(>_<)
ラバーロックされていたのですが複数枚を持ち上げる程の強風だったようです汗
当初は瓦が飛んでしまった部分のみの瓦ふきなおしの予定だったのですが、垂木が腐ってしまい釘が効いていない箇所を発見し、嫌な予感がしたのですが、、、
瓦をめくっていると防水紙の重ねしろの部分が収縮により完全になくなって野地板の隙間が丸見えの状態になっておりましたので施主様にご報告させていただき、全面の吹き替え工事をご提案させていただきました
真っ直ぐ落ちてくる雨の際には大丈夫なのですが、風を伴う雨の場合は雨水が登り瓦の裏へ水が回ってしまいますのでこのままではいずれ大掛かりな改修工事が必要になると判断いたしました。
ご了承を頂き半分全て、めくってみるとやはり瓦の飛んでいない部分も野地板の隙間がでてきてしまっていました。
瓦桟、防水紙の撤去、清掃
ラーチ敷き
ラバーロック棟の解体
かなりしんどかったです(ノ_<)
暑すぎるので麦わら帽子を着用しての作業です
ルーフィングシートを敷いて風で飛ばないように
木材で抑えて撤収致しました
天候の良い日に反対側も同じ工程を行います
30度を超える日が続きますが熱中症に気をつけながら頑張っていきたいと思います!

市原市 外壁修繕工事

市原市にて
下地工事の様子
裏面
大きめ開口部周り
ここは元々雨押えは付いていなかったのですが、捨谷の立ち上がりがかなり短かったのとサイディングが入らない等の理由で急遽取り付け致しました!
先日の大雨でも雨漏りが発生しなくなったとご報告いただき安心致しました!
サイディングが終わればより防水性能が高まりますのでご期待ください(^-^)

去年の台風以降数え切れないほど千葉県内色々なところで雨漏り修理させていただいております。
原因究明困難な雨漏りや修繕方法でお悩みの方はぜひ桜工務店にご相談ください!

市原市 外壁工事

市原市にて
外壁の改修工事になります!
5年前ほどまだ桜工務店が法人化したばかりの頃に雨樋交換工事でお世話になったお客様でやはり去年の台風で外壁からの雨漏りが発生してしまったので改修工事をご依頼いただきました!
本当にありがとうございますm(__)m
ところどころ木壁が剥がれたり割れたりしてしまっていました(>_<)
雨水の跡がちらほら見られました
調査の結果二階外壁四面のうち三面には防水紙が貼られていない事がわかりましたので全て剥がして直していきます!
防水紙が貼られていなかった3面は断熱材も入っていなかったので急遽買い出しに行くことになりました
防水紙を貼ってしまうと内装の壁を剥がさないと入れられないので今やるのがベストと判断しました
断熱材を入れて(写真を撮り忘れました泣)
防水紙を貼って下地をつけていきます
当初横張りで仕上げる予定だったのですがサッシの歪みが大きいので急遽縦張りに変更いたしました。
縦張り、横張りで下地工事の内容、部材がが変わってくるので
早い段階で気付けて幸いでした(^-^)
明日も引き続き頑張っていきます!