木更津市 瓦工事②

木更津市にて
7寸丸での取り直しでした!
棟違い部
先日通した木に瓦用パッキンビスで取り付けていきます
必要部分はなんばんを巻きます
下屋根部
1枚伏せでの施工ですので耐震性、防水性が高まっております!
次はサイディングの施工になります
梅雨に本格的に入る前に仕上げていきます(^-^)

木更津市 瓦工事①

木更津市にて
台風15号の影響でずれてしまった棟の改修工事になります!
下の屋根の棟も丸ごとずれていました(>_<)
直していきます!
古い瓦と漆喰、葺き土を撤去。
棟金具を取り付けて材木を通します!
なんばん漆喰を積んでいきます!
桜工務店ではシリコン配合のシルガードを使用しています
雨水が入らないようにしっかり半端瓦に被せて施工します
木部が露出している部分に防水ブチルテープを貼って
後は瓦を被すのみです!
下屋根の棟です
最近屋根の葺き替え工事が多いですが、
桜工務店では瓦工事も施工致しておりますので
お困りごとありましたらぜひご相談ください(^_^)

市原市 瓦工事 棟取り直し 寄棟②

先日の投稿の続きになります
隅棟4本とも仕上げて最初に鉄筋に仕込んだ銅線で緊結します
鬼瓦の台の位置を決めて
お昼休憩を入れてある程度固くなったところで
重ねていきます
途中小雨が降ってきたので急いで鬼瓦設置から大棟の冠瓦まで
写真撮る暇は無かったので一気に飛びます笑
途中で紐丸が足りない…!
形が悪いものを省いたりしてたのに代えを持ってくるの忘れてました。すいません。。
向こうの鬼周りはこれからイケメンにしていきます(^_^)
明日はまたまた雨なので雨漏りしないところまでやって退散です
明日は事務仕事を頑張ります(^_^)

市原市 瓦工事 棟取り直し 寄棟

市原市にて
寄棟の棟取り直し工事になります!
上記は解体撤去、清掃、鉄筋仕込みの様子になります。
鉄筋はガイドの役割も果たしますので高さ、芯など気をつけながら設置いたします。
大棟は少し高めに設置します。
隅棟、大棟の1段目を積み、隅棟から積んでいきます。
横から見た図
大棟正面からの図
ここに鬼瓦を設置します。
日曜が雷雨の予定なのでブルーシートをかけて土嚢で押さえて本日は終わりになります。
今週は強風、雨天が多くなかなか捗りませんでした泣
来週も雨予報がチラホラ…
お天道様には敵いませんね(T_T)
晴れてる時に目一杯頑張ります!

市原市 瓦工事

最近「千葉 瓦工事」のワードで桜工務店のホームページに
来てくださる方が多いので和瓦の棟取り直し工事をご紹介いたします
上記画像
まず棟を解体して清掃したのちに、
鉄筋を仕込みます
水糸を張ってしっかり芯を捉えながら
なんばん漆喰を棟の高さに合わせた幅で積みます
予めのし瓦に銅線を仕込んでおいて
積みながら左右で緊結していきます
冠瓦の穴が来る位置に銅線を鉄筋に対して仕込みます
のしに勾配をつけます
2段目もまっすぐ積んで左右を緊結、
冠瓦を載せて鉄筋に仕込んだ銅線を結んで終わり!です
幅が少し広くなっていますが既存4段だったのを軽量化、
耐震性の向上のため3段にしておりますので
勝手瓦をカバーする為になります
鬼首も漆喰を積んで隅棟1本完了です
今日2/27で下屋根がほぼ終わり明日から大屋根(寄棟)の
棟取り直しになります^_^
参考になりましたら幸いです
他にも棟金具を使用しインニッサンを芯とする工法にも対応しております
瓦の種類や段数によって使い分けているのでどちらが正解ということはありません
和瓦棟のガイドライン工法のご紹介でした^_^